トピック

ESPACE PARENT

ESPACE PARENTS
PRONOTE
LIVREVAL
ESPACE PROFESSEURS

今月のお知らせ

Les informations à ne pas manquer

•Élections des représentants des parents d’élèves au Conseil d’Établissement jeudi 14 octobre
Orientation – 10e salon européen de l’enseignement supérieur en ligne (29-30 octobre) sur le ehef-japan
Spectacle de contes et légendes japonaises 22 octobre 2021
Yaki Imo  16 novembre 2021

欧州留学
オンラインフェア2021
10月29日(金)15:00-20:00
10月30日(土)16:00-20:00

2021年から22年のクラブ活動の開始
APSに加えて、高校生向けのクラブが10月4日に始まります。

緊急事態宣言
非常事態宣言が解除されました。

スタッフ募集

学校行事

Actualités du moment

分子カーレース
10月14日木曜日午後4時から午後6時

音読発表会 きつつきの商売

試験の結果

DNB – バカロレア

通信

  • 全て
  • 中等部
  • 初等部
  • 学校

京都にあるインターナショナルフレンチスクール

生徒の高満足度

優秀な教育プログラム

多様な放課後プログラム

1997年創立
豊富な経験

世界139か国に522校ある仏外務省
フレンチスクールネットワーク
AEFE認定校

1クラス平均
生徒数12人

保育園から高校まで

 

中学卒業資格ブルヴェ合格率100%

100%の生徒が高得点を取得
「優」または「良」の評価

高校卒業資格バカロレア合格率100%、

100%の生徒が高得点を取得「優」または「良」の評価

保護者の満足度調査

「満足している」または「非常に満足している」の割合

90 %

学校での子どもの
到達度

87 %

新入生
オリエンテーション

84 %

教師の質

81 %

サポートが必要な生徒への学習支援

91 %

学園内で開催される
イベント

LFIK 対面授業再開

皆様へ

 

5月6日(木)に予定していたビデオ会議は、スケジュールの都合上、5月8日(土)に延期となりました。しかし、現在の状況と学校再開に関する決定事項について、皆様に遅滞なくお知らせしたいと思います。

 

4月24日のビデオ会議でお知らせしたように、この休暇を利用して、私たちのコミュニティ、地域、そして国内の状況を見守って来ました。

 

全体の状況は依然として不透明であり、第4波はまだ下降していませんが、地域的にも顕著な悪化はなく、LFIKの一時的な閉鎖によって我々のコミュニティの伝染にも歯止めがかかっています。

 

日本政府もフランス大使館、領事館も、学校を閉鎖することを勧めてはいません。このため、予定された日に再開できるように準備をしていますが、以下のような追加の注意事項や調整が必要です。この決定は、校長先生、理事会、総領事館、フランス大使館の間で協議されました。

 

  • 高校、中学、CM1-CM2クラスでは、教室にカメラとマイクを設置し、距離を保ちたい家庭の生徒が遠隔で授業を追えるようにすることができます。それは、計画された自律的な遠隔教育ではありませんが、教室での授業に参加できると言う事です。この方式の難しさは十分承知していますが、当学校は対面と遠隔の二つの完全な授業を提供する十分な人員がありません。このようなビデオによる参加方式は、低年齢のクラスでは想定していません。なぜなら、生徒の自主性と、これらの年齢層に提案されている教育が、それを可能にしないと思われるからです。いずれにしても、対面授業の再開を希望されないご家庭は、個別に検討させていただきますので、学校までご連絡ください。

 

  • マスクの着用指示を強化しました。今でも義務化されていますが、この義務がレクリエーションや課外活動にも適用されることになります。唯一の例外:昼食時のみで、食事後はすぐにマスクを着用します。

 

  • 室内の机などの配置は距離が長くなるように再編成され、共有スペースの使用は最大限に制限され、特にランチタイムには接触することがないように配慮されます。

 

  • 接触を制限するために、APS、エチュード、ギャルドリーをキャンセルすることが可能です。キャンセルを希望される家族には、関連する支払済の費用を次の請求書から差し引かせていただきます。しかし必要とされているご家族のために、このサービスは継続されます。 引き続き参加される生徒の数にもよりますが、APSやいくつかのエチュードとギャルドリーのクラスを編成し、接触を制限する予定です。

 

  • 陽性反応が出たお子様のご家族は、日本の当局が指示した際に、施設への復帰が可能です。陽性反応が出たスタッフについては、これに加えて、施設に戻る前に陰性反応が出ていることが必要となります。

  • このリストはすべてを網羅しているわけではありません。リスクを軽減させるための他の手段を導入し、スタッフ、管理部、経営陣は、リスクを軽減するための定義を継続的に厳守し、発展させていきます。

 

残念ながら、完璧なセキュリティを保証することも、何の不便もなく機能させることもできません。この方式は、状況に応じた最も適切な妥協案であると考えています。

 

5月9日(土)午前10時より、皆様のご質問にお答えするため、新たにビデオ会議を開催いたします。 アクセス方法の詳細は、近日中にLFIKのウェブサイトで公開される予定です。

 

ご不明な点や、サポートが必要な場合または困った事があれば、お気軽にお問い合わせください。

 

尊敬の念を込めて。

 

Florian RIVOAL
frivoal@lfikyoto.org

Emmanuel RESBEUT
eresbeut@lfikyoto.org